真正仏舎利を本尊とし、釈尊直税の成仏法を修行する阿含宗関東別院

阿含宗九州本部と仏舎利宝珠尊解脱宝生行

  • 2016年06月28日

阿含宗の本部・道場・連絡所は全国各地にございます。九州には福岡市博多区に阿含宗九州本部があり、熊本道場・小倉道場・宮崎道場・鹿児島道場・大分道場・長崎連絡所・佐賀布教所を統括しております。九州本部は最寄り駅から徒歩約10分と、交通至便の場所に位置します。

阿含宗では、毎月1日早朝に「朔日縁起宝生護摩」を、16日には「冥徳祭」を営んでおり、ともに新アゴンネットワークシステムを介して九州本部へ中継されます。「朔日縁起宝生護摩」とは「縁起を良くして運を開く」ことを主眼とした護摩法要で、「冥徳祭」は冥界へ行けずに迷っているお霊を成仏させ、先祖の冥【かげ】の徳を賜るための護摩法要です。

前者は東京三田の阿含宗関東別院で奉修され、後者は京都山科の阿含宗本山総本殿で営まれますが、前述のように同時中継されますので、九州に居ながらにして両法要を参拝することができます。ぜひ、ご参拝ください。

さらに月末の土曜日には「解脱成仏法要例祭」が、同じく日曜日には「宝生解脱法要例祭」が開催されます。これらは因縁解脱のお力をいただくために、欠くことのできない法要です。では、因縁解脱とはなんでしょうか?

因縁とはもともと、ものの存在の原理ですが、ここでは「自分を不幸へと導く運命の星」と考えていただけばよいでしょう。人は生まれながらに因縁という運命の星を持ち、その因縁が描いたとおりの軌道で人生を送るわけです。その因縁を断ち切り、理想的な人生を創造することを因縁解脱と呼びます。

その因縁解脱の法を発見されたのが、仏教開祖のお釈迦さまです。この因縁解脱法は成仏法とも呼びます。まさに成仏とは、因縁を解脱して自由自在の存在である、仏となることなのです。

このお釈迦さまの成仏法は七科三十七道品【しちかさんじゅうしちどうぼん】、あるいは三十七菩提分法【さんじゅうしちぼだいぶんほう】と呼ばれています。現代風に表現すれば「7つのシステム37のカリキュラム」になります。この成仏法を完全に体得すれば、その人は仏という因縁解脱者になり、また、この成仏法に基づいて先祖を供養すれば、必ず迷いの世界から冥界へと送り届けることができるのです。

ただ、この七科三十七道品の成仏法は高度であるため、仏教初心者がいきなり行うことはできません。そこで阿含宗の開祖であり現管長の桐山靖雄大僧正は、この七科三十七道品をもとに、在家の人々や仏道の初心者でも実行ができる成仏法、「仏舎利宝珠尊解脱宝生行」を編纂しました。この修行法に興味のある方は、どうぞ九州本部宗務局までお問い合わせください。

また、前述の行事のほかにも、九州の各地で「土地浄霊法要」という、地域を霊的に清めて、幸福や繁栄を請来する法要も営んでおりますので、こちらの詳細もご遠慮なくお問い合わせください。