真正仏舎利を本尊とし、釈尊直税の成仏法を修行する阿含宗関東別院

九州本部は地元の人達のために活動している

  • 2016年11月25日

阿含宗は1978年に立宗した、仏教の新しい宗派です。日本で新しい宗派が誕生したのは、鎌倉時代以来のことです(既存の宗派より独立したものを除く)。今、「新しい宗派」と言いましたが、確かに成立年から言えば新しいのですが、違う角度から見れば、阿含宗は最も歴史の長い宗派だと言うことができます。それは『阿含経』を依経(えきょう=宗旨宗派の依りどころとなる経典)としているからです。これは、どういうことでしょうか?

日本で有名な仏教経典を挙げると、『般若経』『法華経』『華厳経』『無量寿経』『大日経』『金剛頂経』などになると思います。そして、日本の有名な伝統宗派は、これらを依経としているわけです。しかし、これらの経典は早いものでさえ、仏教開祖の釈尊が入滅されてから約600年後にできたものであり、遅いものになると入滅から約1300年のちに成立しております。その成立年代からも分かるように、これらの著名な大乗経典は、釈尊の説かれたものではないのです。

一方、『阿含経』は成立が古く、さらには「釈尊とその直弟子たちの教法を伝える唯一の経典」である、ということが学問的にも認められております。したがって、この『阿含経』を依経とする阿含宗こそ、本当に歴史のある仏教教団であると言えるわけです。

阿含宗は全国各地に道場を築き、それぞれの地域で、多くの人々に「真の仏教」を布教伝道しております。これは、「全ての人々が真の幸福を得てほしい」との願いからであり、その「人々の幸福」の先にこそ、本当の世界平和があると考えているからです。阿含宗開祖の桐山靖雄大僧正は常々、
「世界が平和安穏になるようにと叫んでも、それは叫び声に過ぎません。一軒一軒の家庭、ひとりひとりの人が幸福で安穏になって初めて、世界全体が平和で安穏になるのです。一軒一軒、ひとりひとりの幸福が大切なのです」
と説かれておりました。この信念に基づき、阿含宗はひとりひとりが幸福となり、一軒一軒が幸せとなって、やがて世界が幸福で包まれるように、人々に本当の仏法、真の因縁解脱法を説いているのです。

九州・沖縄における、その布教伝道の中心拠点が、福岡県福岡市博多区の阿含宗九州本部です。同本部は最寄り駅から徒歩約10分という、交通至便の場所に位置します。九州には、この九州本部が管轄する道場として、小倉道場・熊本道場・宮崎道場・鹿児島道場・大分道場・長崎連絡所・佐賀布教所があります。また、沖縄県那覇市の沖縄道場も九州本部の管轄です。

九州本部および九州本部管轄の各道場では、地域に根ざした活動、特にその地域にかかわりのある戦争・災害の犠牲者を供養する土地浄霊法要を営んでおります。これは、「霊(みたま)の安らぎなくして国土の安らぎはなく、霊の鎮めなくして家庭の安穏繁栄は望めない」という、阿含宗の理念に基づいております。

私たちひとりひとりを一本の木だと考えれば、私たちの先祖はもちろんのこと、自らの住む地域に住み暮らしていた先人も、その木の根に当たります。根がしっかりと大地に張ってこそ、樹木は葉を茂らせ、花を咲かせ、実を結ぶことができるのです。ですから、真の成仏法によって先祖をはじめ、自らの住む地域で戦争・災害によって斃れた人々を供養し、成仏させることは、個人の幸福や世界の平和を実現するために必須のことなのです。

先祖供養や土地浄霊法要、個人と世界の幸福へとつながる真の仏法に興味のある方は、どうぞ九州本部へお問い合わせください。