真正仏舎利を本尊とし、釈尊直税の成仏法を修行する阿含宗関東別院

阿含宗には九州本部がある

  • 2017年04月7日

阿含宗は『阿含経(あごんぎょう)』を依経(えきょう=依りどころとなる経典)とし、そこに説かれている成仏法を実践している仏教宗派です。
「『法華経(ほけきょう)』や『阿弥陀経(あみだきょう)』、『般若経(はんにゃきょう)』は知っているが、『阿含経』というのは知らない」
と言う方も少なくないでしょう。前者は皆、大乗経典と呼ばれるもので、おおよそ日本にある阿含宗以外の仏教宗旨宗派・仏教教団は、この大乗経典を依経としているからです。「不立文字(ふりゅうもんじ)」を建前とし、特別に依経を設けていない禅宗(臨済宗・曹洞宗・黄檗宗)においても、読誦している経典はやはり大乗経典です。

ところが、これらの大乗経典は仏教開祖のお釈迦さまが説かれたものではなく、その滅後、何百年もたってから創作されたものであり、お釈迦さまとその直弟子たちの教法を伝えているのは、『阿含経』だけなのです。これは決して我田引水の論ではなく、大学で仏教学を専攻した人ならば、誰もが知っている動かしがたい事実です。つまり、阿含宗以外の仏教宗旨宗派・仏教教団は、フィクションの経典をもとにして、信仰や修行をしているわけです。ですから、そこには成仏法(じょうぶつほう)がありません。

成仏法とは、人が業(ごう)・因縁(いんねん)・煩悩(ぼんのう)を解脱し、仏陀という自由自在の境界に入るために必須の修行法です。お釈迦さまは、その生涯を、この成仏法の伝道のために捧げられました。まさにお釈迦さまの魂ともいえるのが、この成仏法で、これには上根(じょうこん)の成仏法・七科三十七道品(しちかさんじゅうしちどうぼん)と、下根(げこん)の成仏法=三福道(さんぷくどう)の二つがあり、阿含宗ではその両者を修行しております。

阿含宗開祖・桐山靖雄大僧正はこの成仏法を世に出し、多くの人々を真の成仏へと導くために、1978年の4月8日に阿含宗を立宗開山いたしました。日本の仏教界において、既存の宗派から独立したのではなく、全く新しい宗派が生まれたのは鎌倉時代以来のこととなります。新しい宗派を立てることもさることながら、その宗派が、お釈迦さまの真の教法が説かれた『阿含経』を依経とし、成仏法を伝道することを宣言したことで、日本仏教界に大激震が走りました。なぜならば、大学で仏教学を専攻している既存の宗派の僧侶たちは皆、『阿含経』の正統性を十分に知っていたからです。

阿含宗が奉じる成仏法は前述のように、生者の業・因縁・煩悩を断除して、人を仏陀という自由自在の境界へと導きます。生きたまま仏陀となるわけで、これが本当の「即身成仏(そくしんじょうぶつ)」です。また、この成仏法を体得、あるいは実践している人が、成仏法にのっとった供養を行うことで、中有界(ちゅううかい)に迷っていた死者のお霊も、冥界(めいかい)へと入ります。成仏法に基づかない供養はただの慰霊(いれい)供養であって、死者を慰めることはできても、根本的に救うことができません。既存の日本の各仏教には成仏法がないため、多くのお霊が中有に迷い苦しんできたのです。ここに現代日本の苦悩の源がある、と阿含宗では考えております。

阿含宗は全国各地に道場を構えておりますが、九州・沖縄での中心拠点となるのが福岡県福岡市博多区の「阿含宗九州本部」です。さまざまな不幸・不運に悩んでいる方、先祖の供養が気になる方は、どうぞ「阿含宗九州本部」へご相談ください。